JR熊本駅ビル
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

YAMAHA AG03でカラオケ(Audacity)

YAMAHA AG03とカラオケソフトAudacity

YAMAHA AG03とUSB2.0ケーブル

YAMAHA AG03 と カラオケソフト「Audacity」に「SHURE 58A マイク」を使って「カラオケ」するためには先ずYAMAHA AG03 をパソコンに接続します。

接続状況把握のため「ヘッドフォン」を利用します。「ヘッドフォン」は「マイクロホン」と同じメーカーの「SHURE SRH440」を使用しています。

SHURE SRH440 ヘッドホン

SHURE SRH440 ヘッドホンは録音・モニタリングする際 音の切れが良く分かるAG03のMixing consoleに適合して音さわりが非常に良いです。 

2年間限定保証があり安心できます。わたし自身ヘッドホン使用中に一部破損があり(部分的に起こるはずのない破損)素早く新品と交換して頂きました。

その時の対応は的確になされました。さすが「SHURE」だなあと思いました。処理のスピードが速く、買う時は保証付きをお勧めします。

付属のUSB2.0ケーブルを上図(USBジャック)から下図の「パソコンSS端子」に接続します。すると「AG03」に電源のランプが点灯します。

事前にヤマハウェブサイト「http://www.yamahaproaudio.com/ag/」でダウンロードし次にインストールしてください。

下の図は「本体USB2.0ケーブル端子」から「パソコンSS端子」に接続の状態を画像で表示しています。

SHURE BETA 58Aマイクとケーブル

SHURE BETA 58A マイクロホンはリードボーカル用として使う時、音がまろやかで甘い音質を感じる。カラオケを歌う時SHURE BETA 58A が最適に思う。

上図は「SHURE 58A マイクロホン」と「AG03をつなぐケーブル」

ポップガードとSHURE 58Aマイク(現在使用中の物です)

マイクはSHURE 58Aとポップガード(ポップガードを使うのは歌っている時吹き込みノイズを抑える効果があります)写真は現在使用中。

歌う時はスタンドマイクの使用をお勧めします。カラオケボックスでは「ワイヤレスマイク」が主力だと思いますが「家」で歌う時はその方が歌い易いです。

マイクスタンド(on-stage)とマイクロホン(ケーブル付)(イメージ)
Audacity アイコン

Audacityをダウンロードしてください

Audacityをダウンロードして開くと次のような画面が開きます。左上「ファイF)をクリックして歌いたい歌(wav)をライン上に表示します。

その時、AG03 はケーブルでパソコンに接続されてますからAudacity のラインはAG03の表示(マイク)(スピーカー)に出ていることを確認してください。

します録音(赤い●)はパソコンの(shift+R)を押してください。録音開始です。録音が終了したら「エフェクト(C)」で「エコー」「リザーブ」で加工。

次に、終了書き出し「名前・歌名」を記入終了です。不明な点はAudacityの録音方法、ファイル選択ほかは学習してください。詳細に明されています。

次に「Audacity」に使う「カラオケ音源」の取り方を「映像・you tube動画」を紹介します。「宮崎夜雨」の音源取りの一部です。

音源取りに必要な「ダウンロード・動画保存 6」が出てきますがその「ソフト」は下図にあります。この「ソフト」の購入をお勧めします。

ダウンロード保存6

Audacityでカラオケを歌う。YAMAHA AG03にSHURE 58Aマイクをつなぎ「宮崎夜雨」の音源を「ダウンロード保存6」で録音しカラオケで歌う。

歌う歌は「宮崎夜雨」。you tubeで「秋元力」さんが歌っています。yamaha AG03でエコー・EFFECTをかけて歌ってます。

ご視聴ありがとうございました。         秋元千秋

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE